「キモい犬型ロボット」が進化しすぎ! ドアを開けるだけでなく助け合うことも可能に

数々の高性能ロボットを発表している米国の企業「ボストン・ダイナミクス社」。同社が開発したロボットの中でも、世界的に有名なモデルのひとつが不気味な動きの4脚歩行ロボットである。

近年、その4脚歩行ロボットがスタイリッシュになったことは以前の記事でお伝えしたが……なんと今度は、助け合いながら行動するように進化したというのだ! それでは、さっそく進化したロボットの姿を動画と共にご紹介しよう。

・小型4脚歩行ロボット「SpotMini」が登場

進化したロボットの姿は、YouTube上で公開されている動画『Hey Buddy, Can You Give Me a Hand?』で見ることができる。再生すると、登場するのは小型4脚歩行ロボットのSpotMiniだ。

トン、トン、トン……と建物の中を小気味良い足取りで歩くSpotMini。やがて目の前にドアが立ちはだかり、進路を失ったことで後ずさりする。しかし、そこからが見どころ。アームのついたもう一体のSpotMiniが出現すると……!

・ドアを開けてエスコート

なんと「はいはーい、開けますよ〜」といった調子で、アームや脚を器用に使ってドアをオープン! しかも、まるで「お先にどーぞ」と言わんばかりに、もう一体をエスコートするのだ!! その後、2体のロボットが扉の向こうへ消えたところで動画は終わる。

いやはや、ロボットらしからぬ滑らかな動きでドアを開けるのみならず、助け合うことまで出来てしまうとは驚きである。進化を続ける「ボストン・ダイナミクス社」のロボット。その可能性はまだまだ計り知れない。

参照元:YouTube
執筆:K.ナガハシ

2018-02-14 19:45:28 ロケットニュース24

その他新着ニュース

Moovor トレンドワード 最新動画